にゃんぱら徒然帳

30代主婦のオルビス中心のスキンケア・メイクの口コミ・レビューブログ

じんわり温感が疲れ目に効く!オルビスの目元美容液「ホットアイリフレパック」で目元のクマ・くすみ・シワが改善♪眼精疲労にもオススメです

2019
27
こんにちは、にゃんでございます。
ブログをご覧いただき、ありがとうございます(^▽^)

年度末は何かと忙しく、仕事中はバタバタ。
かと言って家にいても主婦は家のことでバタバタで、なかなか疲れって取れませんよね(>_<)

疲れやストレスが溜まってくると、女性は如実に肌にそのサインが表れてきます。
私の場合、寝不足とパソコン作業で目元がヤラれてしまっていて、夕方には目頭がシワシワになっていることが多いです…

そんな時、いつも助けられているのが、オルビスさんの「ホットアイリフレパック」という温感ジェルです。

オルビス「ホットアイリフレパック」

このジェル、塗るとすぐにじんわり温感が広がって、酷使した目の緊張をほぐしながら、目元の血行を良くし、くすみやクマを取り除いてくれる優秀な美容ジェルなんです♪
何度かサンプルで使ったことがあったんですけど、やっぱり日常使いしたい!と思って現品を購入しちゃいました(*^^*)
これがあるとないとでは、翌朝の目元のスッキリ感が段違いなので、買って良かった!と心から思っています。

というわけで、今回は目の疲れとシワの関係にも言及しつつ、「ホットアイリフレパック」をご紹介&レビューします!
私のように目を酷使して眼精疲労気味の方、ちょっと見てみてくださいませ(^▽^)/


>>>オルビス「ホットアイリフレパック」


この記事の3点まとめ


  • 目の疲れがエイジングを加速させる!?その理由と対策とは

  • オルビス「ホットアイリフレパック」は、蒸しタオル+保湿をダブルでケアできる優れもの!

  • オルビスの他のアイケアアイテムと「ホットアイリフレパック」を比較検討!




目の疲れが老け顔を生む!?普段からのケアで若々しい表情をキープ!


desk01.jpg

パソコンやスマホ、テレビゲームなどなど、現代人の目は様々なものを見ることで疲れやすくなっています。
しっかり目を休めようと思っても、意識していなくても目は無意識に動いており、知らず知らずに疲れはたまっていきます。
完全に目を休めるには、目を閉じているほかないとさえ言われていますね。何にもできなくなっちゃう(^^;)

身体の疲れをとることは、意識的にやっている方も多く、割とケアをしやすいことだと思います。
それに比べ、目の疲れを癒すことは後回しになりがち。マッサージ店や整体と違って、目の疲れを癒す専門店ってそうそうないですしね。

でも、目の疲れを放っておくと、目元の肌はどんどんエイジング速度を増していきます
随分と老けて見られていると感じたら、それは目元のせいかも知れませんよ!

目の疲れがエイジングを加速する!


woman09.jpg

目の疲れがどうしてエイジング速度を上げてしまうのか、じっくりと考えてみたことはありますか?
“目が疲れる”ということは、目を小刻みにたくさん動かしていたり、逆に一点集中で全く動かしていなかったり、目を細めて物を見たりすることが多いということになります。
そういう目元の“動作”でシワができ、それがどんどん取れなくなってきて老けて見えるというのは、何となく想像できますよね。

でも、目元のエイジングを加速させているのは、“動作によるシワ”だけが原因ではないのです。

目の疲れは上記のように動作的なものから起こることもありますが、実はそれによる“血行不良”から来るものも多くあります。
目元の血行が悪くなると、目元を構成している細胞が元気をなくし、水分を保持できなくなってきます。
すると、目元は乾燥し始め、ハリや弾力が失われていきます。
その結果、目元のシワやたるみが目立ち始めてきてしまうのです。
また、血行不良で肌の色も悪くなり、クマやくすみが出てきてもしまいますし、紫外線や、アイメイクのクレンジングでかかる負荷などの影響も、皮膚が薄い分ダメージを受けやすくなります。

これは内部細胞レベルの話ですので、取り去るにはなかなか時間がかかる厄介なシワ・たるみですね。

目元のシワやたるみが老け顔に見える理由とは?


目元は他の肌の皮膚に比べ、とても薄い皮膚構造をしています。
頬の皮膚に比べると、目の下はその半分の薄さ、まぶたに至ってはその1/3の薄さしかないんです!
そのため、ちょっとしたことですぐにシワやたるみといったエイジングサインが出てきてしまうのです。

じゃあどうしてシワやたるみが出るだけで老けて見えるのかということですが、それは、シワやたるみが出ることで顔に影が出来てしまうからです。

ピンッと張った布に光が当たると、全面が明るく輝きますが、シワのある布に光を当てると、シワで沈んだ部分が暗くなり影ができ、全体的に暗い印象になりますよね。
顔もそれと同じで、影があると表情が暗く見え、老けた印象に見えてしまうのです。

たるみによって生じた影が暗いのは納得がいきますが、目元の細かいシワ程度で暗く見えるものなの?という疑問は生じるかもしれません。
しかし、その細かいシワひとつひとつに影ができると、案外肌のトーンって下がって見えるものなんですよね。

これと同じことが口元にも言えます。所謂“ほうれい線”というものです。
口元にも影ができるとやっぱり表情全体が暗く見え、結果として老け顔に見えてしまいます。

若々しい肌をキープするということは、顔に影を落とさないということでもあるというワケですね(^▽^)b


その頭痛、“眼精疲労”では?頭痛薬では取れない頭痛には目のケアを取り入れよう【経験談】

ここでちょっと話を目元の肌から外れて頭痛の話へ。
現代の日本人の多くは頭痛に悩まされている人が多く、他国と比べても偏頭痛などの頭痛を持った人が多いと言われています。
かく言う私もその一人で、週4日は偏頭痛状態。頭痛薬が手放せず、何処へ行くでも必ず持ち歩いています。
でもある日、いつものように頭痛がしてきたので持ち歩いている頭痛薬を飲んだのですが、何故かまったく効かなくなってしまいました。
最初は薬の抵抗がついてしまったのかな?と思ったのですが、別日に突発的に来た偏頭痛にはよく効いたので、そいういうわけでもなく。(あ、頭痛持ちになるとこれは偏頭痛、これは緊張性頭痛とかって区別がつけられるようになります^^;)
頭痛薬を飲んでも取れないずーんとした頭痛が暫く続き、色々考えた末に“眼精疲労”ではないか?と思い至るようになりました。
試しに目を蒸したタオルで温めてみたり、眼精疲労用の目薬をさしてみたりすると、数日であの重かった頭痛がスッキリと消えてなくなりました。
あ、眼精疲労って普通の頭痛薬じゃ効かないんだ~と気づかされた経験でした。(ものによるかも知れませんが。)

目の疲れって、「ああ目が疲れた」と意識できる程度だとまだいいんですが、それが常態化してくると単なる目の疲れって感じなくなってくるんですよね。
知らず知らずのうちに疲れが溜まりまくってしまい、今度は頭痛など別の形で身体に害を及ぼし始めてきます。
私の眼精疲労も、最初は目の乾燥から始まり、目を突かれたようなドスッとした痛みが度々起こったのを経てのずーんとした取れない頭痛でした。

頭痛薬を飲んでも頭痛が取れないとお悩みの方、病院に行くのが一番ではありますが、そんな暇はないとい方は眼精疲労も疑ってみてくださいませ。
蒸しタオルで目元を温めてみたり、眼精疲労用の目薬をさすなど、おうちでできるケアも色々あります。是非お試しを(^-^)




目の疲れを癒しながら目元のケアもできる、オルビス「ホットアイリフレパック」


オルビス「ホットアイリフレパック」

さて、そんな目の疲れから来る目元のエイジングをケアするにはどうしたら良いのかということですが、まずは目の血行を良くし、目の疲れを癒すことが重要になります。
それから目元専用の保湿美容液やクリームを塗って…ということになりますが、数回程度では一時的なケアに過ぎずません。
皮膚の薄いデリケートな部分だからこそ、毎日コツコツとした努力のケアが必要になります。
でも毎日々々蒸しタオルで目を温めて美容液塗ってなんてこと、なかなかできる余裕はありませんよね(^^;)

そこでオススメになるのが、オルビスさんの「ホットアイリフレパック」なんです(^▽^)/

塗ってすぐのじんわり温感が疲れた目をやさしくほぐす


「ホットアイリフレパック」の最大の特長は、塗ってすぐにじんわりと感じる“温感”にあります。
これは蒸しタオルで目元を温めているのと同じ効果を発揮し、目元の血流を良くしてくれる効果があります。
目の疲れを根本的に取り除く血行促進、一般的なアイクリームにはなかなかない特別な機能です。

植物性の保湿成分で乾燥&くすみをしっかりケア


そしてただ単に目元を温めるだけではなく、しっかりと保湿効果もあります。
「アケビ茎エキス」「ユキノシタエキス」「ルイボスエキス」といった植物性の保湿成分が配合されているので、パリパリに乾燥しやすい目元をうるおいで包み込んでもくれます。

「ユキノシタエキス」は高い保湿力を有する化粧品にも多く含まれている成分ですし、「ルイボスエキス」はルイボスティーに代表される成分で、ルイボスティーは身体の中からうるおい度を高めてくれる効果があることでも知られていますね。
「アケビ茎エキス」は天然保湿成分であるNMFの産生を助ける機能もある保湿成分として知られています。
肌の保湿には余念のないオルビスさんならでは、ですね(^▽^)

オルビス「ホットアイリフレパック」の口コミは?


目の疲れにお悩みのお仕事女子の方が多く利用している「ホットアイリフレパック」。
口コミを見てみると、やっぱり20代・30代のお仕事世代の方が多く利用しているようですね。


  • 使用して1週間程度ですが、何をしても駄目だったクマが少し薄くなったように感じます! 蒸しタオルなどで温めるよりは簡単だし、自分には合っていると思います。(30代後半)

  • 目薬を差してもダメだったので気になってたこちらを購入。目をホットタオルであててるような感じでリラックスできます。(30代前半)

  • 温感が視神経を解してくれてとても気持ちが良いです。しっかり塗り込んでから目を開けると、随分と目の疲れがすっきりとしたような感じがします。毎日使うようになって、朝起きてからの目の下のシワが改善されるようになりました。(30代前半)

  • 朝起きて鏡を見たら、中学生の頃からずっと悩んでいたクマが薄くなりました。おかげでコンシーラーを使わなくても大丈夫かなと思っています。 (20代前半)

  • 個人的に、お酒を飲みすぎた、寝不足続きのときなどはテキメンです。クマがひどいうえ、目元はむくみやすいのですが、こちらを寝る直前に目のまわりに馴染ませておくと、翌朝パッチリです。 (30代前半)



多くの方がクマやくすみが翌朝に改善されていると仰っていました。長い間悩んでいたクマも明るくなってきたとの報告もあり、それだけ血行促進効果が高いことが窺えます。
ホットタオル(蒸しタオル)を当てるより楽という声も多かったですね。

一方で、沁みる、ベタつくという声も多く挙がっていました。
効果はあるけど沁みる・ベタつくと一長一短で口コミをしている方が多かったです。
★の平均が5点中3.29点(2019年3月末段階)というのも、この沁みる・ベタつくという点がマイナスとなっているようですね。



>>>オルビス「ホットアイリフレパック」


オルビス「ホットアイリフレパック」のレビュー


オルビス「ホットアイリフレパック」

では私のレビューをしてきます♪
先述の通り、私の場合は眼精疲労が著しく、クマやくすみよりはシワの方が酷かったので、サンプル数回の使用を経ての現品購入となりました。
メタリックピンクのチューブが可愛いのでパッケージも気に入っています(^-^)

「ホットアイリフレパック」の使い方


オルビス「ホットアイリフレパック」

まずは「ホットアイリフレパック」の使い方から確認。沁みるという口コミが多かったので、使用量は特にチェックです。

目安使用量は両目で小さめのパール1粒大とのこと。
んん、アイクリームとしてはなかなかに少量ですね。

最初に指の腹で軽くほぐすのも大事。温感カプセル的なものが弾けるのかな?カイロもよく揉んでから使うと温まり方が早くなるし、そんな感じなのかも。

その量を、すべてのスキンケアをしっかり馴染ませきった後に使用するとのことです。
試しにスキンケアしたての目元に使用すると、じんわり温感は余り感じませんでした。
逆にしっかりなじませきって少し乾いてきたかな?という時に使うと、温感はしっかりと感じられました。
この使用のタイミング、かなり重要です!

重めのねっとりテクスチャが逆にイイ?高密着で翌朝まで徹底保湿!


オルビス「ホットアイリフレパック」

みずみずしそうな透明ジェルの見た目とは裏腹に、そのテクスチャは接着剤のようにねっとりとしたネバネバ系。
サンプルを使用していた段階でそれには気づいていましたが、改めて塗ってみると確かに重い感じが少しありますね。
目元もギラギラとしてしまうので、気になる方は気になるかも…

でも逆にそれだけ密着度が高いので、このまま寝てしまうことを考えれば私は大して気になりませんでした。
朝までしっかり保湿してくれるんだろうなーという期待の方が大きかったですね(^-^)

「ホットアイリフレパック」の使用感と翌朝の感じ


オルビス「ホットアイリフレパック」

肝心の「ホットアイリフレパック」の使用感ですが、ベタつきがあるというのは先述の通りまぁ気になる方は気になるかなという感じで、私は気になりませんでした。

じんわり温感も、しっかりスキンケアを馴染ませた後にはちゃんと感じられたので良かったです。が、もう少し長い時間じんわりしててもいいかなーという気持ちはありますね。
市販品の蒸気が出るアイマスク程とは言いませんが、そのくらいあったらもっと気持ち良かったかも!

口コミに多く挙がっていた“沁みる”ということに関してですが、私は一度も沁みたという経験はなかったです。
まぁあの…寝る直前までコンタクトレンズ(ソフト)を装着しているので、そのお陰で沁みないというのもあるかもしれませんが…(ソフトのコンタクトレンズは玉ねぎさえ沁みてこないんだよ♪´∀`*)

翌朝になると目の疲れは結構取れていて、シワも気になるものはほぼ消えていました
一日程度では劇的な改善とまではいきませんでしたが、毎日続けて使っていると、一週間後くらいには眼精疲労も落ち着いてきたように思います。(頭痛が頻発されなくなってきた^^)
如何せん、毎日々々デスクワークなので疲労とケアがいたちごっこな点はありますが、塗らないのと塗るのとでは翌朝の状態が全然違うのは確かですね。

オルビスの他の目元ケアアイテムと比べてみた


オルビス「ホットアイリフレパック」

今回、オルビスさんのアイケアアイテムを購入するにあたり、どれを購入しようか決めるためにサンプルで使用感や効果を比較検討してみました。
結果として「ホットアイリフレパック」になったわけですが、その他のアイテムもかなり優秀なので結構迷ったんですよね(^^;)
なのでそちらも一応ご報告です。

①「アイケアエッセンス」との比較
オルビス「ホットアイリフレパック」

まずはオルビスさんのアイケアアイテムの定番「アイケアエッセンス」から。
鮮やかなオレンジ色のボトルが眩しい、ジェルタイプの美容液です。

オルビス「ホットアイリフレパック」

みずみずしいジェルには2種類のヒアルロン酸がたっぷり配合されていて、メイクをしている上からも使えるというのが特長。
肌馴染みも早く、ベタつかないのでメイクもヨレません。それでいてしっかり保湿力があります。
目元がパリパリしてきたなーと思ったらすぐに投入できるのはかなり良い点ですね。
でもこちらには眼精疲労をほぐしてくれる機能はないので、日々の目元の乾燥が気になる方向きという感じです。

②「アンチサインズエッセンス」との比較
オルビス「ホットアイリフレパック」

「アンチサインズエッセンス」の特長は、「レチノール」が配合されている点にあります。アイケアアイテムでは比較的どのメーカーさんのものでも主成分として配合されている成分ですね。
主にハリや弾力を与えてくれる成分なので、しわしわになってしまった目元や口元に効果があります。

オルビス「ホットアイリフレパック」

テクスチャはこっくりとしたクリームタイプ。使用量は両目で米粒大が目安です。
塗ってみると、翌朝はふっくらとした目元になり、シワはかなり改善されていました。が、眼精疲労には効果ナシ。
あくまでも、シワやたるみを改善してハリのある目元に導いてくれるという感じですね。この点ではかなり優秀!
いよいよ気にならざるを得なくなってきた年齢肌のケア向きかなぁと思いました。


2つのアイケアアイテムを使用比較してみて、目を酷使したことによる疲れもケアするならやっぱり「ホットアイリフレパック」が私には向いているなと思いました(^-^)


オルビス「ホットアイリフレパック」の配合成分


オルビス「ホットアイリフレパック」

オルビス「ホットアイリフレパック」の配合成分は以下の通りです。
案外、配合成分が少なくてビックリ。



グリセリン、プロパンジオール、DPG、PPG-24グリセレス-24、グリセレス-12、バニリルブチル、ユキノシタエキス、アケビ茎エキス、ルイボスエキス、BG、カルボマー、PEG-150、水、水酸化K、エタノール、水酸化レシチン




オルビス「ホットアイリフレパック」のまとめ



  • じんわり温感で目の疲れをほぐす

  • 密着度の高いねっとりジェルで翌朝まで徹底保湿

  • 温感による血行促進効果で、クマやくすみを改善する

  • 25g入りで税込¥2160、一回使用量は小さめのパール1粒大なのでコスパ良し

  • オルビスのアイケアアイテムの中でも、特に“疲れ”が気になる目元に効果覿面



蒸しタオルで目元の血行を良くするのもアリですが、毎日となるとなかなか手が回らないこともあるかと思います。
オルビスさんの「ホットアイリフレパック」なら、蒸しタオル効果+保湿効果ができ、コレ1つで目元のケアが手軽にできちゃいます
何を使っても目元のクマやくすみが取れない、疲れが取れないという方、是非試してみてください!



>>>オルビス「ホットアイリフレパック」


関連記事

0 Comments

Add your comment