にゃんぱら徒然帳

30代主婦のオルビス中心スキンケア口コミブログ

こんな使い心地初めて!「ナーブルスソープ Dead Sea Mud(死海の泥)」を使ってみたら、毛穴が引き締まってメイク乗りアップ♪主人も病み付きになるツルスベ肌になりました。

2018
09
こんにちは、にゃんでございます。
ブログをご覧いただき、ありがとうございます(^▽^)

2017年12月中旬、日本に初上陸したオーガニック石鹸「ナーブルスソープ」。
海外でも評価が高く、日本でも発売前から話題になっていたので、私もめっちゃ気になっていました(^▽^)
というわけで、早速使ってみることに!

「ナーブルスソープ」Dead Sea Mud

今回私が使ってみたのは、「Dead Sea Mud」=死海の泥、というソープです。
世界では全19種類のソープが発売されていますが、日本にはそのうちの5種類が上陸しました。死海の泥はその5つの中の一つです。

ここ暫く色々な化粧品を使っていますが、オーガニックの本当にイイ化粧品って、肌の仕上がりが全然違います
この「ナーブルスソープ」も厳しいオーガニックの認証をパスした“完全”オーガニックのソープなので、使い心地が全然違いました(^▽^)
ちょっと敏感肌気味な主人も1回使っただけで気に入っちゃって、私以上に使いこんでます(笑)



「ナーブルスソープ」とは


「ナーブルスソープ」は、パレスチナ産のヴァージンオリーブオイルをベースにした完全オーガニック石鹸です。
アメリカやヨーロッパ、韓国、マレーシア、台湾など世界各国で販売されており、年間500万個以上が使用されています
海外でも非常に評価が高く、海外旅行のお土産としても重宝されたり、美容雑誌でも取り上げられてきました。
日本には2017年12月中旬に満を持して上陸、高レベルなオーガニック石鹸として、美容愛好家の方々から注目を集めています。

厳格なオーガニック認証をパスした“完全”オーガニックソープ


日本では明確なオーガニックの基準と言うものがなく、1%でも植物由来の成分が含まれていたら「オーガニック化粧品」として販売しても良いことになっています。意外に知られていない事実ですよね。
しかし、ヨーロッパなどの国ではオーガニックの基準はとても厳しく、植物エキスを抽出する植物の栽培方法や栽培場所まで厳しくチェックされます。

中でも有名なのが「エコサート」という、世界最難関の国際オーガニック認証。
取得条件が厳格なのは勿論ですが、“維持条件”が厳格であることも知られています。
また、エコサートの認証には「ナチュラルコスメ」と「オーガニックコスメ」の2種類があり、そのうち「オーガニックコスメ」は成分の95%以上が天然由来であることが求められるというより厳しい基準となっています。

「ナーブルスソープ」はそのエコサートの「ナチュラルコスメ」「オーガニックコスメ」の両方の認証を取得しており、本物のオーガニックであることを証明しています。


*エコサートの認証基準*

・製品の95%以上が天然由来であること。
・全体の10%以上がオーガニック認定成分であること。
・植物成分に関しては、95%以上がオーガニック認定原料であること。
・合成着色料、合成香料、合成油脂、油、シリコンの使用は不可。
・石油由来原料の使用は不可。
・遺伝子組み換え原料の使用は不可。
・製造工程、配送や保管、清掃、エネルギーやゴミ廃棄管理、トレーサビリティ等が適切に管理されていること。
動物実験は不可
・ポリエチレングリコール(PEG)とその誘導体の使用は不可。
・原料や製品のために放射線照射は行わない。
・ガラス、アルミニウム、PP、PE、PETなどリサイクル可能な容器のみ使用可能。(塩化ビニール・ポリスチレン・ABS樹脂・科学合成品・100mm以下の個体ナノ原料は使用不可)
・製造機器の洗浄剤等においても使用不可原料を使用してはならない。
・製造時には、できる限り生分解性のある原料を使用すること



さらに、日本の薬事法に則ると、合成界面活性剤・石油由来原料不使用、化学合成防腐剤・酸化防止剤・発泡剤・金属封鎖剤・着色料・人工香料 一切無添加となっています。

その他、様々な認証も取得


「ナーブルスソープ」は厳格なオーガニック認証であるエコサートの認証を取得している他、様々な認証を取得、共感できる思想を掲示しています。


ヴィーガン・フレンドリー
“ヴィーガン=完全菜食主義者”(動物性食品・素材を採らない)の思想“ヴィーガニズム=人間は動物を搾取することなく生きるべきだという主義”に共感し、ヴィーガンの方々にも安心して使ってもらえるように配慮している。

フェアトレード
発展途上国で生産された作物や製品を適正な価格で継続的に取引することにより、生産者の持続的な生活向上を支える仕組み。
原材料を含めた、複雑な状況を抱えるパレスチナの製造者を支援。

ハラール
パレスチナ・スタンダード協会によって認証される、物や行動が「神の許可があるのか否か」を示すイスラムの考え方。

クルエルティ・フリー
動物でテストされた製品または動物でテストされた成分を使用した製品ではないことを示すラベル。

peta2
世界最大の青少年の動物権利団体。
ナーブルスソープは、動物でのテスティングを一切行わず、また、動物実験を行った原料も一切使用していないアニマルテストフリーの製品のみ販売している。




「ナーブルスソープ」の歴史


パレスチナのナーブルスという地域では、10世紀ころから石鹸の製造が始まり、15~16世紀にベドウィン族によって地中海の隅々にまで流通されたそうです。
そこから英国にまで伝わり、女王エリザベス一世の知られるところとなり、女王は大絶賛、以後ヨーロッパの女性の間で美容成分を含むナーブルソープが広まっていったと言われています。

「ナーブルスソープカンパニー」は石鹸一族のトゥベレ氏が経営


「ナーブルスソープ」は、1611年創業の「ナーブルスソープカンパニー」において製造されています。日本で言うと江戸時代初期から続く会社になりますね。
そしてこのカンパニーを経営するのは、石鹸一族のトゥベレ氏。石鹸工(=床一面に敷き詰められた石鹸を切りだす職人)のことを“トゥベレ”と言いますが、まさにその名の語源となった一族です。
17世紀初頭から今日まで、約400年にわたる石鹸製造技術を受け継いできた伝統的な会社なんですね。

日本ではコスメハウス合同会社が「ナーブルス・ジャパン」を運営し、「ナーブルスソープ」の日本総代理店となっています。


「ナーブルスソープ」のバリエーション


「ナーブルスソープ」のバリエーションは、固形タイプ19種類、液体タイプ4種類の計23種類あるそうです。
そのうち固形タイプは、OliveOil(オリーブオイル)、Thyme(タイム)、Dead Sea Mud(死海の泥)、Grape(ぶどう)、Avocado(アボカド)、Saffron(サフラン)、Milk(山羊ミルク)、Tea Tree(ティーツリー)、Figs(イチジク)、Lavender(ラベンダー)、Black Cumin(ブラッククミン)、Honey(ハチミツ)、Mint(ミント)、Sage(セージ)、Lemon(レモン)、Pomegranate(ザクロ)、Cinnamon(シナモン)、Dates(ナツメヤシ)、Damaskus Rose(ダマスカスローズ)で、日本では前半5種類(オリーブオイル、タイム、死海の泥、ぶどう、アボカド)が販売されています。

色々な種類があってカラーも豊富で、並べるとキレイそうですね(^-^)
ハーブやフルーツなど、どれを見ても美容効果の高い成分になっています。
個人的には、日本未発売ではありますが、ザクロが気になるかなー。(ザクロは美容効果が高いので、シートパックや美容茶などにも使用されることがあります。韓国コスメのお土産にも多い!)


「ナーブルスソープ」の口コミ


日本での発売が始まってまだ間もないですが、発売以前より注目していた方が早速購入していたり、予約購入していたりして、口コミもそこそこ上がってきています。


・お風呂上がり、時間が経ってもカサカサにならず寒い時期でもクリームいらずで助かっています。
・以前は乾燥で足をかゆがっていましたが、ナーブルスソープを使用してからはそういったこともなく、快適に過ごしています。
肌が蘇った!!ひどかった肌荒れが本当になくなってきた。化粧のりがすこぶる最高
・石鹸はつっぱるイメージが強かったんですがこれは結構しっとりでびっくりしました!
・今まで、さまざまなスキンケアを試してきましたが、こんなに確かな良さを感じたのは初めて
・お風呂上がりにすぐボディークリームしないとカサカサな私の肌がボディークリームしなくてもツルツルでした。
・肌荒れがひどく、赤い吹き出物が顔中にあったが、だんだんと小さくなってきています。



口コミは他のタイプのソープのものも含まれますが、使ってみた方の多くが、「乾燥肌が改善された」「肌荒れが治ってきた」と仰っていました。
石鹸タイプの洗浄料なので、余計な皮脂まで落としてしまう洗いすぎが心配されるという方も、実際に使ってみるとその洗い心地のしっとりさに驚かれているようです。
また、小さなお子さんにも安心して使えるという声もとても多かったです。家族みんなで使っている、アトピー肌にもイイという声も挙がっていました。

一方で、オーガニックならではの香りがキツイとか、タイプによっては泡立ちが悪いといった声も。
まぁその辺は慣れてくると気にならなくなるようですが、最初のインパクトで使うのをためらってしまうこともあるようです。


「ナーブルスソープ Dead Sea Mud」のレビュー


では私のレビューと参りましょう。
先述もしましたが、今回私が使ってみたのは「Dead Sea Mud」=死海の泥タイプのものです。

「ナーブルスソープ」Dead Sea Mud

日本で発売されている5種類のうち、4種類はナチュラルなベージュ系やグリーン系のカラーなんですけど、コレだけ真っ黒なんですよね。だからすごく目立っていて余計に気になったって言うのもあるんですけど(^-^)
でもなんか、黒い石鹸ってめっちゃ効果ありそうじゃないです?(偏見^^;)

クレオパトラも愛した死海の泥


死海は、アラビア半島北西部に位置している海抜マイナス418メートルの最も低い場所にある塩湖。
“塩湖”というだけあって塩分濃度が高く、湖に入ると身体が浮きます。アトラクションプールなんかで“死海プール”っていう身体の浮く不思議なプールがあったりしますが、そのもととなった湖ですね。

死海の海水には豊富なミネラルが含まれており、そのミネラルを含んだ泥には高い浄化作用があることで知られています。
また、塩化マグネシウムも豊富に含まれており、肌の引き締め、保湿、バリア機能の改善に高い効果を発揮します。

 

死海の海水や泥が美容に良いことは古代エジプトの時代から知られており、世界三大美女に数えられる女王クレオパトラも愛用していたと言われています。なんと化粧品工場まで作っていたのだとか!

死海の泥の成分とソープの原材料


死海の泥には下記のような成分が含まれています。


海シルト(Sea Silt)
海水の20倍以上の豊富なミネラルを含む。毛穴の1/10のサイズで構成され、毛穴の中に入り込み、しっかりと汚れを掻き出す。マイナスイオンの特性を持ち、汚れを吸着する。

ポリフェノール
抗酸化作用に優れ、たるみやシワといった老化を防止。また抗菌作用もあり、肌を清潔にし、ニキビや肌荒れを改善させる。

オレイン酸
過酸化脂肪を作りにくくし、肌に馴染みが良く、保湿効果に優れている。

ビタミンE
ビタミン類の中でも抗酸化作用に優れており、アンチエイジング効果が高い。



「ナーブルスソープ 死海の泥」には、このような成分を含む死海の泥がソープ全体の4%含まれており、その他、オリーブ果実油77%、水酸化ナトリウム10%、水9%で構成され、少ない原材料で作られています。

「ナーブルスソープ」Dead Sea Mud

「ナーブルスソープ Dead Sea Mud」の使い心地は?


「ナーブルスソープ」はナチュラルメイク程度ならクレンジングなしでも落とすことができるとのことですが、私は割と毎日しっかりメイク派なので、今回はクレンジングは別にし、洗顔料として使用しました。

パッケージを開けると口コミにあったようなオーガニック臭はそれほどせず、匂いは余り気になりませんでしたね。
でも実際に泡立て始めてみると、少し泥臭いというか粘土のような匂いがありました。まぁでもこれもすぐに慣れて気にならなくなりましたが。

泡立ちはとっても軽い感じです。濃密ホイップクリームタイプではなく、しゅわしゅわとした炭酸泡みたいな感じで、それほどもっこりとは泡立ちませんでした。

「ナーブルスソープ」Dead Sea Mud

写真ではちょっとわかりにくいんですけど、石鹸が黒いということもあり、泡も若干グレー色なんですよ。
黒い石鹸から白い泡が立つのも不思議ですけど、少し石鹸の色が残るというところは、余計なものが入っていない感じがしますね。
流石、“完全”オーガニックソープ!

密度の緩いしゅわしゅわ泡なので、洗顔中に泡がすぐにヘタってきます。なので泡の弾力で洗うという感じにはならないんですけど、オリーブ果実油がたっぷり入っているので、とても滑りが良いです。

ぬるま湯で洗い流すと、泡はすぐにするするする~っと流れ落ちていきます。
その後、オリーブ果実油のヌルッとした感じが少しあり、でもこれもまたすぐに流れ落ちます。
そしてそのうちに肌がキュキュキュッと鳴り始め、洗い上がりに水気を拭き取るとつる~ん♪すべ~ん♪なしっとり肌になっていました。
この感触が変わっていく段階がすごく面白い!

洗い上がりに肌を鏡でチェックすると、くすみが抜けてツヤのある明るい肌になっていました(^▽^)
毛穴の汚れや角栓もしっかり落ちて、何処を触ってもツルツルすべすべ。病み付きになります。
他にもクレイ系成分が入った洗顔料はつるすべ肌になりますが、それらとはまた違ったつるつるすべすべ感です。何と言うか…むき卵よりももっとつるつるで、シルク生地のようにすべすべ。あ、溶けかけのちゅるるんとした氷の表面みたいな感じです(^-^)

私の肌のつるすべ感に感動して、主人もこっそり使っていました。
そしたら「お肌ちゅるちゅる!!」って嬉しそうにしていて、寝るまで何度も肌に触れていました。翌朝も朝食より先に肌質チェックしていました(笑)
主人は電動シェーバーを当てられない敏感肌なんですが、そんな主人でも肌荒れすることなく安心して使えました。

化粧水の浸透が良く、メイク乗りもバッチリ!


汚れがしっかり落ち切ったこともあり、洗顔後のスキンケアでは化粧水の入り具合が全然違いました
もうね、肌がゴクゴク飲み込んでいくような感じです。あっという間にすすすーっと入っていって、しっとりもっちりな肌になりました。
洗顔料が違うだけでこんなにも化粧水の入り方が違ってくるなんて…と、またまた感動です(^-^)

ベースのスキンケアがしっかりするとメイク乗りも断然良くなります。ファンデーションの滑りがいつもと違う!
日中も皮脂が出にくく、ずーっとしっとり肌が続いていました。
メイクをしても肌のすべすべ感が全然失われないんですよ。なので気が付けば指で肌に触れてしまってます(^-^)
でも触れてみても肌がかさついている感じは全然ないし、真冬のエアコンに晒されている中でもうるおいを保っています。

ボディの洗浄料としての使用感は?


「ナーブルスソープ」は洗顔料だけじゃなく、ボディソープとしての使用も可能
洗顔からボディの洗浄まで一気に行えるので、お風呂の時間が短縮できますね。

泡立ちは洗顔料として使用したときと同じくらいなので、もこもこの泡に包まれて洗えるってワケではないですが、ボディ用スポンジなどで根気よく泡立てるとそこそこ泡立ちます。でもすぐにヘタっちゃうけど(^^;)
洗浄力はとてもあり、泡をさら~っとボディに塗った後、シャワーで洗い流したら肌がキュキュキュッと鳴るくらい汚れが落ちていました。
おいおい、こんなにしっかり洗われちゃって、余計な皮脂まで落ちてるのでは?と心配になりましたが、乾燥する感じはまるでなく。
お風呂の湯気もあって、キュキュッとしていた肌は徐々にしっとりもっちりとした感触に変わっていきました。

一番驚いたのは、洗浄後、垢が全然出てこなくなったことです。
いつもならボディソープで身体を洗った後、かかとを擦ると垢が出るんですけど、それさえも出なくなっていました。
そして、ちょっとカサついていたかかとがツルッツルに
肌も水弾きがとても良くなり、水滴がするんっと滑り落ちていきました。

お風呂から上がっても乾燥する感じはなかったです。
私は脚(特にスネ)が超乾燥肌で、お風呂上りはすぐに保湿クリームで保湿しないとカサカサになるんですけど、ちょっと放置しておいても大丈夫でした(^▽^)
もちろん保湿クリームは使いましたが、一晩中かゆみも発生せず、快適に過ごすことが出来ました。

心なしか肌も明るくなったような気がします。膝とか肘とかにはツヤも出ました

「ナーブルスソープ」Dead Sea Mud


「ナーブルスソープ Dead Sea Mud」の使用感のまとめ


「ナーブルスソープ 死海の泥」の使用感をまとめると以下のようになります。


【良かったところ】
抜群の汚れ落ちで、肌がつるつる・すべすべになる。
・洗い流しが早い。
・洗顔後の肌がしっとりして余りつっぱらない。
化粧水の入り方が段違いに違う。肌がゴクゴク飲んでいるような感じ。
・メイク乗りが良くなり、日中もすべすべ感が持続。
・全然乾燥しない。
・使い続けていくと毛穴が引き締まってくる
・敏感肌にも使える。
・ボディ用としても使用可能で、超乾燥肌でもしっとりうるおう。垢さえ出ない。


【イマイチなところ】
・泥臭いよう粘土のような匂いがある。(使い始めのみ、すぐに慣れる。)
・泡立ちは余り良くない、しゅわしゅわとした軽い泡。
・洗い流し中、一瞬オイリーな感じがある。
・石鹸タイプなので保管が難しい。



とにかく洗い上がりのつるすべ肌は病み付きになります。他のつるすべ肌になるような洗顔料と比べても、段違いのつるつるすべすべ感です。主人がはしゃぐのもわかるー(>▽<)
そしてメイク乗りの良さ、日中のしっとり肌が持続するのも嬉しいポイントです。

ボディ用として使用できたのも良かったですね。超乾燥肌の私でも全然乾燥しないし、痒みもない。
垢さえも取り去ってくれて、かつ肌にツヤも出してくれるから、使い続けていくと色素沈着しちゃったところも明るくなってくるのではと言う期待が持てます(^-^)

イマイチな点としては、まぁ前半3点は慣れればどうってことはないんですけど、4点目の保管については悩ましいところですね。
ソープディッシュに置いてはいますが、石鹸の色が色だけに、乾ききらない裏面が汚い(笑)
まさに泥!っていう感じのものが残るので、置き場所に困りますね(^^;) 白い石鹸だったらあんまり気にならないんだけどなー。

でもこのソープディッシュに関しては、ナーブルス・ジャパン(コスメハウス)さんでも専用のものが販売されています。
それを使うと乾きが断然早いみたいです。
カラーバリエーションも豊富なので、そちらと合わせて購入するのもいいと思います(^-^)b





「ナーブルスソープ」を使用したモニター200名のうち、196名の方が継続使用を希望、そのうちの188名が実際に注文をされています。
使用後の効果の体感度が高いことが窺えますね。

「ナーブルスソープ」はどれも1個100gで税抜¥1380
ギフトセットなども用意されています。

送料は、ゆうパケットなら全国一律¥350(¥2500以上で無料)、ゆうパックの場合は地域により異なります(¥5000以上で無料)。
お支払い方法も、クレジットカード、コンビニ振込の他、Amazon Payが使えます。







関連記事

0 Comments

Add your comment